2009年02月24日

非営利市民放送とマスメディアを考える その二 

 非営利市民放送とマスメディアを考える その二  隅井孝雄

 以下の論文は2008年9月に発刊された「非営利放送とは何か、市民が創るメディア」に掲載された私のロングンである。5回に分けて掲載する。今回はその二

 第二節 非営利市民ラジオの五年
 ラジオカフェに出会った私
 コミュニティーラジオの動きに最初に触れたのは2000年秋のことだった。もともと私は東京の日本テレビの出身だが、1986年から日本を離れ、ニューヨークのNTV(日本テレビ)インターナショナルで13年ほど仕事をしていた。ところが縁があって1999年に京都で教壇に立つことになったためニューヨークを引き払って京都三条通りに移り住んだ。そんなある日年来の友人でKBS京都放送のラジオ、テレビのディレクターだった町田寿二さん(現在FM79.7ラジオカフェの放送局長をしている)にシンポジウムに出席するよう頼まれたのだった。
 2000年10月に開かれたシンポジウムは「市民が作るコミュニティーFMの可能性」というタイトルだった。阪神大震災をきっかけに誕生した神戸の地域ラジオ「FMわぃわぃ」の経験が報告され、私はアメリカのラジオの現状を紹介した。「多くの人に聞かれている、重要なコミュニケーション媒体になっている。局の数がたくさんあって地域メディアの性格を備えている。商業局と並存して大学や市が運営する市民メディア的なものもある。インターネットと連動するようになり新しいメディアの性格が付け加わった。経営上も元気がいい」、ことなどを私は語った。
 100人もの参加者には熱気があり、後半のシンポジウムでは非営利団体としてのラジオの開設を目指すという結論になった。私にとっては話に聞いていたNPOやコミュニティーラジオの実態について初めて触れる良い機会であった。
 京都でボランティア活動するという、さわやかな響きにひかれて私はNPOラジオの会員になった。

 京都のNPO、そして街の活性化
NPOという市民運動と連動してラジオを作ろうという動きはこのシンポジウムの5年ほど前から始まっていたが、それはいくつかの時代の追い風が吹いていた時期であった。
 阪神大震災をきっかけにして1996年に生まれたFMわいわいという小さなラジオ局が地域メディアとして脚光を浴びていた(詳しくは別項参照)。1998年には市民運動、住民運動をいっそう活発にし、新しい展開を図るために特定非営利活動促進法が制定された。
 京都の中心部寺町通りと烏丸通に囲まれた地域を東から西に走る三条通りは、町家と歴史ある明治、大正、昭和の近代建築が混在する独特の風格を持つ街である。歴史的景観地区にも指定されているこの地区で街づくりの住民運動が活発に行われていた。
 折からこの地にあった毎日新聞京都支局が新しいビルに移転することとなった。取り壊されるはずだったものが、昭和3年建設のアールデコの趣のある5階建てビルを惜しむ声が高まり、若者文化の発信地にしようと計画が進んだ。新聞社のホールは小劇場に、半地下の食堂はライブも時たまあるレストランに、一階のホールはギャラリーにということになった。そのギャラリー「同時代」のオーナーでもある画家の大山一行さん(現在FM79.7の理事をしている)が一階の南側の新聞社ガレージを喫茶店のあるラジオ局のスタジオにする構想を持ち込み、夢のような話だったラジオ局設立は一挙に具体化するにいたった。
 京都は人口当たりのNPOの数が東京より多いといわれている。NPOセンターのホームページで活動を登録している団体は936、行政の認証無しで活動しているグループを入れると3-4000はあるという。さすが京都議定書の本場である。
 京都NPOセンターの常務理事でNPO京都コミュニティーFMの事務局長でもある深尾昌峰さんは当時を次のように振り返った。
 「歴史、伝統と新しい都市文化を創造していきたいという市民の動きの中に、地域ラジオという新しい仕組みでコミュニケーションを広げて行きたいという考えはすんなり浸透しました。営利事業ではなくて市民のためのラジオなら当然NPOということになります。促進法が出来てすぐの時期ですから、NPOが脚光を浴びていたのです」
 コミュニティーラジオをNPOとして立ち上げる推進役のひとりとなった深尾さんは、さらにこうも付け加えた「インターネットは目的意識を持ってアクセスするメディアとしての特質があります。それに比べラジオというプラットフォームは開かれた伝播力を持っています。NPO同士の横の連携を取るという意味と、社会に広げていくという二つの意味合いがあると考えました」。
 こうしてコミュニティーラジオを申請したいというグループとNPOが手を結ぶことなり 2001年9月、新しいコミュニティー放送を非営利活動法人(NPO)として運営することを決めて、NPO組織の設立総会を結成し、総務省関西通信局に対して免許申請を提出したのだった。私はNPOの副理事長に選出され、その後局の運営や番組編成に深くかかわることとなった。

 理念を現実のものにする
 コミュニティーFMラジオは1992年の放送法改正で誕生した。それまで日本にはなかった市町村単位の地域メディアが必要だという認識が広がったからである。しかし放送を管轄する郵政省はNHK以外の放送はすべて広告放送を主な財源とする民間企業の形をとる方針であった。そのため当初NPOで地域ラジオを作りたいという考えは一顧だにされなかった。
 ところが急に風が変わった。免許が可能かどうか郵政省近畿通信局(当時)を最初に訪れた町田寿二さん)は次のように言う。
「2000年夏通信監理局に免許取得の相談に行きましたが、経営主体をNPOとしてラジオ免許を交付することは出来ないと門前払いでした。ところが2001年の省庁再編で所管が郵政省から総務省に移り相談に訪れたところ、放送課長はコミュニティーラジオNPOが運営するのは一つの理想だと発言し、それから免許の話が現実的になりました」。
 放送免許が総務省という地域行政やNPOを推進することを掲げた行政機関の手に移った、そのときにNPOによる地域ラジオの免許申請が持ち込まれたというのは絶妙なタイミングであったといえよう。
 こうして2003年1月京都コミュニティー放送FM79.7に予備免許が下り、同じ年の3月31日放送が開始された。愛称は「京都三条ラジオカフェ」。誰でもが自由に出入し、おしゃべりする街角のカフェ、というのがコンセプトだった。
 ラジオカフェは2008年3月31日で5周年を迎えた。5年という歳月はこのラジオ局にとって特別な意味を持つ。
 放送免許の審査に当たって安定した放送運営が出来ることを裏付ける五ヵ年の事業計画を提出したのだが、NPOが運営主体になるラジオ放送局が果たして財政的に安定した運営を実現出来るかが周波数免許の一つの焦点となった。
 京都府からNPOの認証を受ける時も設立や運営の財源が問題になった。収益事業としてコマーシャルも含むというのはNPOにはふさわしくないという議論がでた。京都府と交渉した設立委員の一人大山一行さんはそのやり取りを記録していた。当時の文書のなかでNPO局のコマーシャル放送について次のように記している。
 「広告は商店や中小企業などの広告主にとっても市民にとっても大切な生活情報の一つとしての“にぎわい機能”です。コミュニティーFM放送にとっては事業の一部です」。
 一方、設立資金を大企業からの投資でまかなうのはNPOとしての運営にはなじまない。会員を募って、入会金を10万円にした。市民が株主という発想である。またたく間に60人の会員が応募したが、それだけではスタジオや送信の設備には足りない。資金の調達についてみんなで頭をひねったという。
 設立に携わった福井文雄さん(元株式会社ラジオカフェ社長)は以下のように説明する。「NPOの有志がサポートカンパニーとして株式会社京都ラジオカフェを設立しました。
 番組制作、イベント、広告などを手がける会社です。その資本金の中から1200万円を支払って開局のための資金に当てました。株式会社は月20万円分の番組枠を5年分前払いしたことになり、コミュニティー放送は月20万円ずつ清算し、5年間放送が続けば完済という計画でした」。
京都コミュニティー放送は2008年1月、新しいコミュニティースタジオを作って移転した。放送開始5周年の2008年3月、放送免許が更新された。6月には株式会社京都ラジオカフェが提供した1200万円の資金を完済した。10万を出資する正会員は97人を数える。 
 京都コミュニティー放送はさまざまな市民グループ、個人、商店、中小企業が制作する101本のレギュラー番組が放送されている。そのうち四分の一の24番組が制作会社として契約を結んでいる株式会社ラジオカフェが担当、局の自主制作は14番組、残りの63番組すべては市民の手に完全にゆだねられた番組である。(2008年3月現在)

posted by sumiitakao at 22:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

徹底サーチ/市民有志/「市民有志」:最新情報
Excerpt: 「徹底サーチ」では、あなたが入力したキーワード「市民有志」に関する最新情報をインターネットから徹底検索しています。 「市民有志」:最新情報 「市民有志」関連商品を探す アマゾン..
Weblog: 徹底サーチ
Tracked: 2009-02-25 11:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。